内痔核になったときのセルフケアがあった

内痔核は結構辛いものがあります。
内痔核で悩んでいる人は意外と多くて、あまり知られていないのだと思います。

スポンサーリンク

痔の悩んでい人で、男女ともに6割程度の人が内痔核と診断されているのが現状です。

これは手術しなければならないのかというと、必須ではありません。手術率も15%を切るくらいです。

では、どういう治療法になるのかというと、ふだんの生活のあり方、主に生活指導からの指導が中心となってきます。

内痔核は生活習慣病の一種とされていることからなんですね。

完全に取ってしまうというわけではなくて、内痔核の症状を和らげるための対策から入ります。

食物繊維が豊富な商材を使った料理を食べていくようにオススメされると思います。

これを食べていくことによって、便をやわらかくし、便秘になることを避けるわけなのです。

以前のセルフケアの記事でも書きましたが、排便の時はいきまないことが大事なのです。

いきまずに柔らかいウンチを出せるのであれば、痔の症状は和らいでいくでしょう。いかにいきまないか、ということもポイントとなってきます。

入浴した時に、毎回、肛門周辺を温めるようにしましょう。それによって、血液の循環が良くなります。

以下、セルフケアの項目です。
排便おコントロール
肉体疲労
ストレス
飲酒
冷え
月経のセルフケア

■実際のセルフケアの効果はどれくらいある?
実際に内痔核のためのセルフケアの効果は高いです。

これは自分でしか知り得ることができないので、ちゃんとチェックポイントを把握しておくことが大事かと思います。

排便時の脱出
出血
違和感と疼痛
腫脹

これらの事柄が起きる度合いなどをチェックしていくようにしましょう。

<スポンサード>