痔が悪化する要因とは

痔は肛門周辺の炎症がきっかけで起こるものです。

人間には免疫力があるので、ある程度は大丈夫なのですが、段々と体力がなくなってきたりすると、免疫力も衰えてきます。

結果的に肛門が炎症を起こして痔になってしまうんですね。

スポンサーリンク

痔の大元は?

痔って種類があって、それが痔核、裂肛、痔瘻。どれも聞いたことある感じです。私だからか。

どのタイプの痔でも痔を誘発して症状を悪化させてしまう危険因子が備わっているんです。それが肛門周辺の炎症。

 

人間の体には、もともと免疫力が会って、外部から侵入する細菌と買うっぃ留守には戦ってくれる力が備わっているんです。それによって、健康を保とうとするんですね。

この免疫を司っているのはリンパ球のT細胞、B細胞、他の白血球など。

とくに口腔内、膣内に、肛門内の3ヶ所にはちゃんとそれなりの免疫力が保たれているんです。それが局所免疫と言ってディフェンスの納涼区に長けていて、ウィルスからの感染とか炎症が起こりにくくなっているんです。

 

痔になってしまう6つの大きな要因とは

日常生活で事にならないように避けることがあります。

それが

ストレス、肉体疲労、冷え、飲酒、女性の生理、便秘/下痢です。

ストレスによるもの

人間の免疫力というのは、意外と心の状態で決まってくる場合もあります。これによって、免疫力が強くなったり弱くなったりうるということが知られてきています。

とても悲しいことがあったり、しょんぼりとしている時や、とてもストレスが溜まっているときには、免疫力は弱くなります。

反対によく笑っていたり、楽しい気分だと免疫力は強くなるとされています。これは、精神神経免疫学で研究されています。

 

ストレスは免疫力を弱まらせてしまうので、最近に対しての抵抗力がなくなっているんですね。結果、肛門が炎症を起こしやすくなっています。肛門というのは、便が通るところなので衛生面ではよくありません。いうなれば、細菌と接触する部分なのですね。

これがストレスによって、肛門まわりの免疫力が弱まっていると、肛門に炎症が起こってしまって、ジニなりやすくなってしまうんですね。

特にこの世の中、ストレスが溜まりやすくなってきています。免疫力が低下して、痔を招きやすい体の状態になっていると捉えられます。

 

肉体疲労によるもの

私はちょっと考えられなかったのですが、運動や肉体労働によって起こる肉体疲労は筋肉に疲労物質をためて、痔を誘発するようになります。

そして、局所免疫力も弱っているので、肛門内部に炎症が起こりやすくなって痔を招いています。

 

冷えからくる痔

体が冷えるということは、いろいろと良くありません。もちろん痔に対しても、です。

<スポンサード>