痔ではなく大腸がん?直腸がん?

痔だと思っていたら、がんだった、なんてこともなくはないです。

稀にあること。

これが痔が原因で癌になることも稀にあるみたいです。

痔だろうな。と思ってほうっておくと進行して癌になってしまうということですね。

 

痔主歴が長い人は、経験や知識が豊富で、そのまま痔だと思っているなんてこともあるのです。これが足かせとなってしまって、出血があったときも、痔だろうと思い込んでしまうなんてことも。

 

血便だけ見たとしても、それが持なのかどうなのか、ということは素人では判断できないんですね。実際は。

直腸なんてのは、肛門と直接つながっているので、直腸からの血液なのかどうかも判断しづらいと思います。

食物繊維には、腸内の発がん物質を大概に排出するはたらきがあるとされています。食物繊維を意識して積極的に摂っていくようにしましょう。

善玉ビフィズス菌をとろう

腸内の細菌には、善玉菌と悪玉菌がいます。これはテレビCMなどでもたくさんやっているので、聞いたことがある人が多いと思います。

善玉菌はコレステロールの吸収を妨げてくれ、発がん物質の働きを抑制するはたらきがあります。

一方悪玉菌は、食べ物の成分や痰汁さんを分解して、発がん物質を作ります。

悪玉菌などの有害物質はすぐに排出されてしまえば、健康に影響はありません。

<スポンサード>